ご相談、お見積り、ご見学は無料です。各アトリエの空席情報はWEBで確認できます。

お電話でのご予約の受付も承ります。まずはお気軽にご相談ください。

結婚指輪·婚約指輪のオーダーメイドブランド ith イズ 東京 横浜 千葉 柏 大宮 銀座

イエローゴールド

Goldゴールドのコラム

プラチナ(白金)とホワイトゴールド(WG)について

プラチナのことを日本語で「白金」とも言いますが、紛らわしいことにそれをそのまま英語に直訳した「ホワイトゴールド」とは全く別物です。
ひとことで言うと、白金(プラチナ)は「単体の金属」、ホワイトゴールド(WG)は金をベースに作られた「合金」です。
そんなプラチナとホワイトゴールドWGには、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

プラチナの特徴


元素記号「Pt」で表す、現在最も高価な貴金属。「白金」と表記されるように、白い色をした金属です。
貴金属の中では比重も融点も最も高く、溶解するには温度の高い酸素炎が必要となります。
プラチナの合金としては、銀及びパラジウムを15%混ぜたもの、10%、5%、0%(純プラチナ)の4つの種類があり、
それぞれ千分率でプラチナの割合を表した850、900、950、999(1000と同意)という4品位になります。
プラチナ及びプラチナの合金には、PT、Pt、Plat、PLATINUMなどと表示され、これと品位の3桁の数字が証明記号として製品に刻印されます。

 

 

ホワイトゴールドの特徴


プラチナに似た白い色を金合金で出せないかと研究されてできたのがホワイトゴールドです。
金に混ぜて合金にする他の金属を「割り金(わりがね)」といいますが、
ベースとなる金の割合によって、割り金の種類や量が変わってきます。

例えば、金75%(=K18、18金)+パラジウム25%でもホワイトゴールドができますし、
金58.5%(=K14、14金)+銀10%+銅10%+パラジウム20%+亜鉛1.5%でもホワイトゴールドとなります。
なお、これらは同じホワイトゴールドではありますが、金属の割合が違うため硬さや比重が変わってきます。
またホワイトゴールド製品には、色が似ているプラチナや銀と間違わないように「WG」と刻印されます。
例えば上記のような割合で作られたホワイトゴールドの場合、「K18WG」「K14WG」というふうに刻印されます。

 

 

それぞれの特徴もふまえて、自分の指にあった素材を選びたいですね。

(参照文献:『ジュエリーコーディネーター検定3級』、『彫金教室』)

ご予約