2022.06.12

日常の中で大事に身につけることを考えた婚約指輪と結婚指輪

プロポーズリングから始まったご縁

最初にithを知ってくださったのは、男性でした。

オンラインストアにて、プロポーズリングをご購入いただいたのが

お二人とのご縁の始まりです。

 

最初にご購入いただいたプロポーズリングは、

大きめの石がひとつ、

きらりと輝くデザインでしたね。

 

 

その後、今度はお二人でアトリエまでお越しくだり、

改めて、婚約指輪結婚指輪をお仕立ていたしました。

ハーフエタニティのご婚約指輪選び

女性はご自身で明確なデザインのイメージをお持ちでした。

 

「ハーフエタニティの婚約指輪と、シンプルな結婚指輪重ね着けを楽しみたい」

 

エタニティリングとは、ダイヤモンドなどの宝石が

指輪の全周にわたって留められているものを指します。

石が絶え間なく続く様から、「永遠の愛」を象徴するデザインです。

 

ハーフエタニティはその半分、指輪の半周に宝石を留めたもの。

半分にすることで、手を握っても石が手に当たりにくく、着け心地も優しくなります。

 

 

一口にハーフエタニティのリングと言っても、

宝石の大きさや留め方など、細かなデザインの違いで印象が変わるのが面白いところ。

 

豊富なデザインの中から選んでいただいたのは、

ithではご結婚指輪としてご用意している《ロンド》。

お洋服などに引っかかりにくく、日常使いしやすいところを気に入っていただきました。

「シンプル」が共通のイメージのご結婚指輪

結婚指輪デザインは、お二人とも「シンプルなもの」がご希望でした。

 

その中でも、指につけた時に着け心地が良い

丸みのある形がお気に入りでしたね。

長く身につけることを考え、

より強度のある鍛造製法の《ダカーポ》をアレンジすることに。

 

 

シンプルなデザインでも、着け心地や製法にこだわった

お二人だけの指輪の完成です。

 

 

 

ご納品から少し時間が経ちましたが、

毎日の暮らしを指輪と共に楽しんでいただけておりますでしょうか。

 

刻印のご相談にまたアトリエにお越しいただけることを、心待ちにしております。

 

 

つくり手 角埜

 

柏アトリエ

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

日常の中で大事に身につけることを考えた婚約指輪と結婚指輪