2020.09.20 銀座

お二人のこだわりと想いを形にした婚約指輪と結婚指輪

“着け心地の良い指輪”

“シンプルだけど個性も感じられる指輪”


そんな結婚指輪を探していくなかで、

お二人はithにお越しくださいました。


初めのお好みは、

鏡面仕上げで動きがあるフォルムでしたが、

それ以上に、お二人が気に入られたデザインは

クラフト感のあるこちらの指輪でした。





男性が選ばれたのは《槌目 夏》。


シャープな平打ちのフォルムに

大きな槌目が特徴的です。


イエローゴールドの地金に、

落ち着きあるホーニングのマット加工。


そしてリング内側の角を丸くした

“内甲丸”をアレンジとして加えることで、

より手に馴染む指輪になりましたね。




女性が選ばれたのは《ピオージャ》。

イタリア語で雨という意味があります。


“結婚式に降る雨は、神様からの祝福”

雨にはそんな言い伝えがあり、

幸せの象徴されています。


幸せの意味を込めた《ピオージャ》の形に

指輪の厚みを0.2mm薄くし、

側面を鏡面仕上げからヘアラインに変える

アレンジを加えました。


細部にまでこだわったことで

納得のいくデザインに決まりましたね。



実は、女性が最後の最後まで

ピオージャ》とどちらにしようか

悩まれていた指輪があります。


それは、ハーフエタニティの《ロンド》。


ピオージャ》も《ロンド》も

どちらにもお好きなポイントがあり、

悩まれてしまいましたね。


改めて指輪のデザインについて

お二人でお話していただき、

ロンド》は結婚指輪ではなく

婚約指輪としてお仕立てすることに。





たくさんのこだわりがあったお二人。


これからの人生を共にする特別な指輪を

ithで見つけることができました。


ご郵送でのご納品となり、

直接お渡しは出来ませんでしたが、

「指輪は大変気に入っています。」と

ご連絡をいただけて嬉しかったです。


またお会いできる日が来ることを、

楽しみにしています!




つくり手 奈須




Male:結婚指輪《槌目 夏》/K18YG(イエローゴールド)

Female:結婚指輪《ピオージャ》/Pt900(プラチナ)

Female:婚約指輪《ロンド》/Pt900(プラチナ)





この投稿をシェアする

お二人のこだわりと想いを形にした婚約指輪と結婚指輪