プラチナについて Platinum

プラチナ(Platinum)は、元素記号“Pt”で表され、白金とも呼ばれる白銀色の金属です。

プラチナそのものは柔らかい金属であるため、ジュエリーとして加工する場合は、別の金属を割金として混ぜ、Pt900・Pt950と呼ばれる合金として硬度を高めて用いられます。

特に日本では、プライダルジュエリーの素材として人気があります。日常で身に着けやすい、安定した素材特性も魅力の貴金属です。

プラチナが
ブライダルリングに
選ばれる理由

プラチナは白く洗練された、慎みを感じさせる深い色合いを持つ貴金属です。
白色が持つ真新しく無垢な印象と、ブライダルのイメージも相まって、日本では結婚指輪・婚約指輪としてプラチナが好まれてきました。
変色のない安定した性質は永遠の愛を思わせ、日常で取り扱いやすい点も魅力です。

ithのプラチナは、日本のジュエリーで最も一般的に使われる品位のプラチナ900(Pt900)を使用しています。プラチナという金属は粘り強い性質があるため、変形への強度と、小さな爪で宝石を留めることに優れた素材です。

プラチナの魅力 / メリット

金属アレルギーを起こしにくい

金属アレルギーの原因の多くは、プラチナ・ゴールドそのものではなく、割金として用いられるニッケルやパラジウムです。 プラチナと呼ばれる貴金属は、最低でも純度85%以上を必要とします。ゴールド製品として一般的な“K18”の純度75%と比べて割金の比率が少ないため、アレルギー反応を誘引しにくくなります。

変色や変質が起きない

プラチナは安定した化学組成を持つ貴金属です。熱や酸に強く、日常でかく汗や、洗剤・化粧品といった科学物質に影響されないため、安心して生涯身に続けることができます。

ダイヤモンドの輝きを引き立てる色合い

グレードの高いダイヤモンドは無色透明です。金属素材もなるべく無色に近いプラチナを選ぶことで、ダイヤモンドへの色の干渉を避けることができます。

Pt900とは

Pt900は、プラチナ90%にその他金属10%を混ぜた合金です。
硬度を増すために他の金属を混ぜて合金にすることで、日常での着用に向いています。

Pt950とは

Pt950は、プラチナ95%にその他金属5%混ぜた合金です。
よりプラチナの純度を高めるため、希少性のあるプラチナの配合を増やした素材です。純度と硬度のバランスを保つため、割金として硬い金属を配合します。

Column