2022.05.14 大宮

共通のこだわりの形にそれぞれのお好みを反映させた結婚指輪

12月の寒い日。

暖かそうなコートを着ているお二人が

大宮アトリエにお越しくださいました。

 

きっかけは、webで見たFuga《フーガ》という指輪。

この時から「ハーフエタニティにしたい。」

というお気持ちはしっかりとお持ちでしたね。

こだわりとそれぞれのやりたいこと

 

ご試着を終え、

お二人がこだわったのは、丸いかたち。

指輪の基本の形でもある“甲丸”というデザインです。

角ばってもない、カーブもない、

シンプルな形だからこそ

永く身につける結婚指輪として惹かれました。

 

 

男性は、あえて何も加工を入れずシンプルに。

Piacere《ピアチェーレ》を選ばれました。

 

女性はハーフエタニティデザインの、

Ronde《ロンド》を選ばれました。

 

気に入ってくださっていた《フーガ》のように

ミル打ちを施すことで

ダイヤモンドだけでは生み出されない

繊細な輝きがとても綺麗です。

 

 

内側にはお二人のお名前と、

お二人が好きなルビーとサファイア。

 

プラチナに留めるとよく映えますね。

オーダーメイドだからこそ感じる喜び

 

完成した結婚指輪

ご対面した瞬間から喜んでくださったお二人。

イメージしていたデザインが形となり、

お二人の元へ届けられた瞬間です。

 

これからもお二人のご夫婦生活が、

喜びで溢れることを祈っております。

 

末永くお幸せに。

つくり手 髙山

 

Ohmiya Atelier

この投稿をシェアする

共通のこだわりの形にそれぞれのお好みを反映させた結婚指輪