ご相談、お見積り、ご見学は無料です。各アトリエの空席情報はWEBで確認できます。

お電話でのご予約の受付も承ります。まずはお気軽にご相談ください。

よくあるご質問 | 結婚指輪 婚約指輪のオーダーメイドブランドith

FAQよくあるご質問

Q.4-1 ダイヤモンドの“4C” とは何ですか?

A.4-1

ダイヤモンドの品質については、指標として4Cと呼ばれる4項目の品質基準が定められています。

 

Carat:カラット / 重さ

ダイヤモンドの重さの単位をカラットと呼び、1カラットは0.2gに相当します。カラット数の大きなダイヤモンドほど、直径が大きくなります。

カラットという言葉は大きさを表す単位と思われがちですが、その昔、宝石の重さを量るための分銅としてイナゴ豆(カロブ豆)が使われたことから、ギリシャ語でイナゴ豆を表す「Karation」に由来するといわれています。

ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドは、カットのグレードが「good」以上のダイヤモンドの直径は、カラット数に比例するため大きさの目安にもなります。

 

Color:カラー

ダイヤモンドの色のグレードを表した指標です。ダイヤモンドは水と同じく、無色透明に近いほど一般的な価値が高まります。

最上位のDから始まり、EF〜Zまで23段階にグレーディングされます。

ithでは、主にD・E・Fの3グレードを取り扱っております。

 

Clarity:クラリティ / 内包物

ダイヤモンドは天然の鉱物のため、結晶化の過程で、内包物を含んでいたり、表面が均質でない場合があります。これらはダイヤモンドの輝きに影響を与えます。内包物や傷が少ないほど、ダイヤモンドの輝きが損われることがありません。

最上位のFL(フローレス)から11等級にグレーディングされます。上位2等級(FL・フローレスならびにIF・インターナリーフローレス)については、市場においても希少性が高く、ジュエリーとしての加工を施さずコレクション品として取り扱われることが一般的です。

ithではFL・IFに次いで高品位なVVS(ベリーベリースライトリーインクリーテッド)〜VS(ベリースライトリーインクリーテッド)等級のダイヤモンドを中心にご用意しています。

 

Cut:カット

4項目のうち、カットグレードのみが職人の手による加工技術に関する評価項目です。 天然素材であるダイヤモンドのカッティングは、輝きの良し悪しに直結する重要な要素です。

もっとも輝きを引き出すと言われる“ラウンドブリリアントカット”の仕上がりに対する評価指標であり、プロポーション(比率)とポリッシュ(仕上げ)の状態を総合評価し、5段階にグレーディングされます。

Good以上の評価が光学的な美しさを認められたとみなされ、プラス評価に値します。

ithではラウンドブリリアントカットの最高評価であるExelentのみを常備しております。 お二人にとって、どの要素が重要であるかご検討いただき、ご希望に沿ったダイヤモンドをご案内いたします。

アフターケア よくあるご質問 オーダーメイド実績 ithで生まれた物語
アフターケア よくあるご質問 オーダーメイド実績 ithで生まれた物語