2020.02.03 横浜元町

変わらないプラチナの輝きを纏ったマリッジリング

 

 

永遠の輝きのあるプラチナ。

和名では ”白金” と表されます。

 

純白の輝きは、

永遠の愛を誓う指輪にぴったりです。

 

 

 

 

 

 

たくさんご試着をしていただき

お二人がお選びになったリングは、

ピウマ》と《ヴィバーチェ》です。

 

 

着け心地や指が綺麗に見えるデザインを
気に入ってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピウマ》は羽モチーフのリングです。

 

光が当たると、ふんわりと羽のような
不思議な輝きを見せてくれます。

 

お守のモチーフとしても使われる”羽” に、
”新しい家庭を築くお二人のお守り”
という意味を込めてお仕立てしています。

 

 

ヴィバーチェ》は
活き活きとしたS字カーブのリングです。

 

何度も調整を繰り返して生み出された
ithのS字カーブの曲線は、

お手元を綺麗に見せるだけでなく

手を握ったときのフィット感も
とても着け心のよいリングです。

 

S字に沿ってお留めしたダイヤモンドが

流れるようなラインを強調しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

お二人のリングの内側には

ブルーダイヤモンドをお留めしています。

 

プラチナの上にブルーダイヤモンドが光って、
星空のようにも感じられますね。

 

 

女性は肌馴染みの良い

ピンクゴールドも検討されていましたが、

男性とのお揃い感や

お手持ちのファッションリングとの
差別化を考えて、
お色味をプラチナにされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お色味を合わせることで、

これからお二人が過ごす長い時間を

変わらない輝きで
見守るようなリングになったと思います。

 

 

お二人のお互いを想い合う気持ちや、

マリッジリングへの想いが形になったデザイン。

 

 

 

 

 

 

 

これからもっとお手元に馴染んで、

お二人だけのリングになっていくと思います。

 

 

たくさんの思い出を

輝くプラチナのリングに刻んでいってください。

 

 

お二人の末永いお幸せを、
心よりお祈りしております。

 

 

 

 



つくり手 小野寺



 

 

Male:結婚指輪《ピウマ》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《ヴィバーチェ》/Pt900(プラチナ)

 

この投稿をシェアする

変わらないプラチナの輝きを纏ったマリッジリング