2022.09.14 梅田

お互いを思う気持ちを大切に、そっと寄り添いながら辿りついた結婚指輪

 

以前ふらっとアトリエにお立ち寄りくださり、

今回改めてアトリエにお越しくださったお二人。

 

全く同じデザインではなくていいが、

少し同じ要素のある

自分たちらしい指輪を探されていましたね。

飽きのこないシンプルなデザイン

沢山の指輪を試着していく中で

男性が辿り着いたのは、

シンプルすぎず飽きのこないデザインでしたね。

 

ご自身の意見も程よく伝え、

そして何より女性に寄り添いながら

デザインを選ばれていた男性。

 

 

 

 

選ばれたのは《ロンド》。

細すぎず太すぎない程良い幅感で、

少し艶の残るマット感が

シンプルすぎないデザインです。

 

最終的なデザインは、

女性のデザインとのお揃い感を大切に

選んでくださいましたね。

 

 

婚約指輪との相性

別のブランドで婚約指輪

既に購入されていたお二人。

 

結婚指輪は、

できれば重ねて身に着けたい

という思いを持っていた女性。

 

 

 

 

 

気に入ってくださったのは、

婚約指輪との相性の良い

中央にくびれのある

リボンウーノ》・《リボンドゥーエ》。

 

ミル打ちが施された《リボンウーノ》。

ダイヤがしっかり留まる《リボンドゥーエ》。

 

どちらのデザイン

気に入ってくださっていましたね。

お相手の意見も大切に選ばれた結婚指輪

それぞれのデザインの良さがある分、

沢山悩まれてた女性。

 

 

 

 

そんな時、男性がさりげなく

「少しカジュアルに感じるミル打ちよりは、

長く身につけることを考えると

ダイヤが留まっているデザインの方がいいんじゃない?」

優しくサポートしてくださっていましたね。

 

 

 

 

お二人らしさ、ご自分らしさを大切に

お仕立てしてくださったお二人の結婚指輪

 

お二人が沢山話し合われた指輪選びの時間も、

ぜひ大切な思い出にしていただけると嬉しいです。

 

またお会いできる日を、楽しみにしております。

 

つくり手 濱田

梅田アトリエ

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

お互いを思う気持ちを大切に、そっと寄り添いながら辿りついた結婚指輪