2021.10.17 心斎橋

カジュアルでアンティークな結婚指輪と婚約指輪

「カジュアルで

 アンティークなものが好き」

とithを見つけてくださった女性。

 

お二人でお選びになった結婚指輪は

鍛造製法の《レグナ》。

 

 

 

 

マットで落ち着いた印象もありながら、

縦にランダムに入った槌目模様は

手仕事を感じられるカジュアルな印象に。

 

このマット加工はホーニングと呼ばれる

ithの中で一番深いマット加工。

肌馴染みが良く、シックな印象もあるので

普段アクセサリーを着けない男性にも

ぴったりの加工でしたね。

 

そして婚約指輪は《アルコバレーノ》。

 

 

 

 

四角いプリンセスカットのダイヤモンド

お手元をすっきりと見せてくれます。

 

結婚指輪との相性を考えて、

ithオリジナルの加工であるネーヴェを。

マットすぎず、光沢すぎないという

絶妙な質感がアンティークな印象ですね。

 

 

 

 

また、《アルコバレーノ》は

ダイヤモンドを留める石座の部分が

低くなっているのが特徴です。

 

「普段使いも出来る!」

と女性はお気に入りでしたね。

 

 

 

完成後に女性に内緒で

指輪を取りに来てくださった男性。

その後、指輪を持って

再度プロポーズされたとお伺いしました。

 

素敵なエピソードに

私まで幸せな気持ちになりました!

 

これからも末永くお幸せに

お過ごしくださいませ。

 

つくり手 佐々木

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

カジュアルでアンティークな結婚指輪と婚約指輪