2020.08.06 心斎橋

普段の生活で着けていたいと思える婚約指輪と結婚指輪

いくつか指輪のお店を巡るうちに、

すっかり指輪迷子になってしまったお二人。

 

たくさんの種類がありすぎて、

何が好きなのかも分からなく

なってしまったそう。

 

デザイン選びは女性メインで。

男性は女性に合わせるよ、と

優しく見守っていらっしゃいました。

 

 

 

 

選んだ結婚指輪は《ドルチェ》。

細身でストレートなシンプル形状ですが、

小さなミル打ちやダイヤが隠れており

細やかな手仕事が込められたデザインです。

 

ドルチェという名前には、

音楽記号で “甘く柔らかに”

表現をする意味が込められ、

可愛らしさがあるデザイン。

 

 

 

 

“男性には可愛すぎるかな”

と少し悩むお二人でしたが、

ミル打ちはアンティークな印象で

上品でクラシカルな装飾です。

 

男性の手にも合わせやすい

デザインなので、お二人も

納得してくださいました。

 

 

 

 

 

 

婚約指輪は、結婚指輪と合わせて

普段の日常でも身に着けやすい

デザインを探していきました。

 

選んだ《ヴィオーラ》は

中心のダイヤの大きさを控えめに、

両サイドに小さなダイヤを並べて

指全体が華やかになるデザインです。

 

 

 

 

一生に一度の婚約指輪。

女性は大きなダイヤが留まった婚約指輪にも

憧れを感じて悩まれていました。

 

でも一番大切にしたいのは、

“日常でも着けられる” こと。

 

普段身につけていたいのはどっち?

と考えたときに、

答えがすぐに出ましたね。

 

 

 

 

より普段の生活でも

身につけやすくするため、

表面の加工はマット加工に。

 

金属の色をゴールドにすることで

ダイヤの輝きも落ち着いて見えるよう

お仕立ていたしました。

 

 

 

 

 

結婚指輪と婚約指輪の

重ね着けも、相性ぴったりの

組み合わせになりましたね。

 

 

 

 

 

 

ご納品後、お二人からは

「着けるごとに愛着が湧いています」 と

とっても嬉しいメッセージをいただき、

本当にありがとうございました。

 

お二人の生活も

落ち着いてきた頃でしょうか。

また指輪のメンテナンスで

お会いできることを楽しみにしています!

 

 

末永くお幸せに。

 



つくり手 竹澤



Male:結婚指輪《ドルチェ》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《ドルチェ》/Pt900(プラチナ)

Female:婚約指輪《ヴィオーラ》/K18YG(イエローゴールド

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

普段の生活で着けていたいと思える婚約指輪と結婚指輪