2021.07.02 オンラインサポート

オンライン相談を経て完成した、パートナーを想ってお仕立てした婚約指輪


相手を想いながら、たくさん悩んで、ご相談を重ねてお仕立てした婚約指輪のご紹介です。


「きちんとした形として、婚約指輪でプロポーズしたい」と、大切な人へのプロポーズの指輪を探しに、ithのオンラインアトリエにお越しくださいましたね。




お相手さまの印象やイメージから、華やかさの中に、品もあるようなデザインを探されていました。


いくつかの候補の中から、特に気に入ってくださったのは《オーンダ》でした。


オーンダ》は “波” という意味があります。

波のように絶えることなく、幸せを運んできてくれるようにと願いをこめたデザインです。


指輪側面もダイヤモンドを包む波のような形になっていて、どの角度から見ても楽しんでいただけます。

そういった表情豊かな部分も、気に入ってくださったポイントのひとつでしたね。





金属のお色味は特にこだわって、プラチナやイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなど、たくさん見比べをしました。

色味だけで、印象が大きく変わることに、驚いてらっしゃいましたね。


そして、プラチナかピンクゴールドか、とても悩まれていました。


地金の話、お相手さまの雰囲気、他のお客様がどのような理由で色味を選ばれるか、箱を開けた時のイメージ、結婚指輪と重ね付けした印象の見比べ…などさまざまな面から考えぬいて、

「王道のプラチナはすごく素敵だけど、人とかぶらないようなものを贈りたい…!」とピンクゴールドに決定。




こうして相手を想って一生懸命悩んでいることも、お相手さまにとってはとても嬉しいことなのではないかな…と思いながら、私も精一杯お手伝いをさせていただきました。


完成した指輪は、とても可愛らしく、ピンクゴールドの優しい雰囲気を纏っていました。

プラチナの凛々しさとはまた違う、可憐な印象も加わっています。


たくさん悩んで決めたからこそ、より輝きが増して見えますね。



ご納品後には、「無事、良い返事を頂きました!」とご連絡くださり、私もとても嬉しく、指輪づくりに携われたことを光栄に感じました。


オンライン上でも、たくさんの想いをこめた指輪が生まれます。

その瞬間は、実際に身に着けていただいた時に初めて完成するように感じます。


波のように、いつまでも絶えることなく、お二人に幸せが訪れますように。

アトリエよりお祈りしております。



つくり手 小野寺



Female:婚約指輪《オーンダ/K18PG(ピンクーゴールド)

この投稿をシェアする

オンライン相談を経て完成した、パートナーを想ってお仕立てした婚約指輪