お二人の好みを尊重した、艶めくマットがお揃いの結婚指輪 | 結婚指輪 婚約指輪のオーダーメイドブランドith

お二人の好みを尊重した、艶めくマットがお揃いの結婚指輪

ithの自由なアレンジができるところに惹かれて、オンラインアトリエにお越しいただいたお二人。

既製品はピンとくるデザインがなく、ダイヤモンドがあるデザインは気を遣ってしまうとお悩みでしたね。

 

お話を重ねていく中で、お二人にぴったりのデザインを見つけることができました。

 

 

お二人がお選びになったのは《マルカート》と《リボン ウーノ》。

 

マルカート》と《リボン ウーノ》ふたつのデザインで検討していましたが、実際にご試着していただくと、お二人の好きな形が違うことがわかりました。

 

「せっかく発見できた好みだから」と、ベースはお二人それぞれが好きな形に。

金属のお色味や、仕上げの加工でお揃い感を出していくことになりました。

 

 

女性が気に入ってくださったのは、《リボン ウーノ》です。

指輪の幅を細くすることで、指が綺麗に見えるところがお好きでしたね。中央のくびれた形は指元をすっきり見せてくれる効果もあります。

 

男性が気に入ってくださったのは《マルカート》。

元々シンプルなデザインがお好みでしたが、さりげないひねりのラインや優しいカーブを気に入ってくださりました。

 

仕上げの加工はithオリジナルのメーゼ加工を施し、お色味もプラチナで合わせることで統一感を出しています。

 

メーゼ加工は職人が格子状にマット加工を施す繊細なテクスチャーです。シルクのように艶めくマットが指輪に不思議な表情をプラスしています。

 

 

指輪の内側には、エメラルドとダイヤモンドを留めて、華やかさをプラスしています。

お二人にしか分からない部分だからこそ、想い入れを込めて選ばれました。

 

どちらの石も、プラチナのお色味に映えています。

 

形はお互いの好みを尊重しながら、お色味と加工を合わせることで、お揃いのように見えますね。

 

 

マルカート》には “二人の印” 、《リボン ウーノ》には “二人の絆を強く結ぶ” という意味があります。

結婚指輪が、お二人の固い絆を表す印のような存在になりますように。

 

末永いお幸せを、アトリエよりお祈りしております。

 

つくり手 小野寺

 

Male:結婚指輪《マルカート》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《リボン ウーノ》/Pt900(プラチナ)

関連タグ:, , , ,

ご予約空席を確認する

SNSでシェアする

ith代表ブログ

関連Blog

Our Serviceithのサービス

アフターケアオーダーメイドについてithについてithで生まれた物語FAQダイヤモンドウェディングリングコラムインスタグラム「指輪のある風景」