2021.07.27 表参道

さりげないこだわりが光る結婚指輪

シンプルすぎず、個性的すぎず。

"さりげないこだわりが隠れている"

 

そんなデザインを求めて、

ithにお越しいただいたお二人。

 

はじめは、画像で見て感じていたイメージと、

実際に試着して抱くイメージのギャップに戸惑っていましたね。

 

たくさんの指輪を試着しながら、

そんな悩ましいお時間も楽しんでいただきました。

 

 

お二人が選んだのは《メビウス ウーノ》。

職人が手仕事で作り出した、

優美な曲線が特徴のデザインです。

 

「永遠」を意味するメビウスの輪がデザインのモチーフ。

無限大のマーク"∞"にも見え、

これから永く身に着ける結婚指輪にぴったりの意味合いです。

 

流れるような立体感のあるフォルムに、

ほどよい個性を感じたお二人。

 

 

結婚指輪の王道"プラチナ"ではなく、

男性はホワイトゴールド

女性はピンクゴールドにお色味をアレンジ。

 

お色味と質感をアレンジすることで、

お二人にとっての"さりげないこだわり"を形にしていきました。

 

 

お揃いの質感は《槌目 秋》。

 

秋空に浮かぶうろこ雲をイメージした、

細かい槌目模様が落ち着いた印象の加工です。

 

メビウスの指輪全体に《槌目 秋》を施し、

ひねり部分は鏡面仕上げを残すことで、

メビウスの立体感が活きる仕上がりに。

 

職人技がキラリと光るデザインが完成しました。

 

 

お二人でこだわりながら作り上げたお揃いの結婚指輪

 

これから先もずっと、

お二人の指元で、優しく輝いてくれますように。



つくり手 松井



Male:結婚指輪メビウス ウーノ》/K18WG(ホワイトゴールド)

Female:結婚指輪メビウス ウーノ》/K18PG(ピンクゴールド)

Omotesando Atelier

この投稿をシェアする

さりげないこだわりが光る結婚指輪