2017.04.22 大宮

異なるふたつの地金を組み合わせた、手仕事のあたたかみが滲む槌目模様の結婚指輪

ふたつの表情をもつリングがいいな、と希望を持たれていたおふたり。


リングは小さなものですが、つやつやの光沢仕上げとマットな仕上げ、ふたつを組み合わせてお入れしてコントラストを加えたり、つるりとした面と彫りを入れる面の変化をつけてメリハリを出したりと、たくさんの方法で表情を加えることができます。



おふたりが選んだのは、プラチナとゴールドを組み合わせてリングをお仕立てすること。異なる金属の色がお互いを引き立て、存在感と個性を演出することができます。


初めは “結婚指輪はプラチナで” と、考えていたおふたりですが、実際に身に着けてみると、ゴールドの肌なじみのよさやあたたかみがお気に入りとなりました。


リングの形は結婚指輪らしさのある形のMobius《メビウス》と、槌目がやわらかいColore《コローレ》でお悩みに。“ぐるりと同じデザインのほうがどこを見ても素敵だね”と、プラチナとゴールドで《コローレ》をお仕立てすることに決めました。



女性のリングにはダイヤを1粒、星の飾りでお留めしました。


1粒でも、ダイヤモンドはきらりと存在感を放ちます。



柔らかで優しい槌目模様が、穏やかな雰囲気のおふたりにぴったり。



あたたかい空気感が素敵なおふたり。おふたりの幸せが永遠のものでありますように。





つくり手 多田 真梨子






Male:マリッジリング / Pt900/K18YG(プラチナ/イエローゴールド)
Female:マリッジリング / Pt900/K18YG(プラチナ/イエローゴールド)





結婚指輪 Colore《コローレ》

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

異なるふたつの地金を組み合わせた、手仕事のあたたかみが滲む槌目模様の結婚指輪