2017.04.28 大宮

小鳥が休息する止まり木をイメージした結婚指輪と、サプライズでご準備したプラチナの婚約指輪


鳥や森などの自然がモチーフのものがお好きで、またそんな自然な風合いがとっても似合うおふたり。


小鳥を飼っているという女性が迷われたのは、Foresta《フォレスタ》とPiuma《ピウマ》。


どちらも鳥にまつわるポイントがあって、とっても悩みましたね。


《フォレスタ》は木の肌をモチーフにリングに彫り模様が入っているデザイン。《ピウマ》は鳥の羽をイメージした彫り模様です。


男性の指にフォレスタがとてもしっくり馴染んだことから、フォレスタに決められました。



普段から身に着けられているアイテムと同じ素材にするか、結婚指輪だけ特別感を持たせて別の地金にするか、金属の色もとっても重要です。


おふたりは女性のお手持ちのゴールドのアイテムと差をつけるために、ホワイトゴールドをお選びになりました。


肌に馴染むホワイトゴールドでお仕立てした《フォレスタ》は、まるで小鳥が留まる白樺の止まり木のよう。



女性のリングにはダイヤをランダムにお留めしました。


これは男性のアイディア。


“木のうろから、まるで宝石が生まれてくるように留めたら素敵じゃない”と、とってもロマンチックで素敵なアイディアでしたね。


初めてアトリエにいらしていただいたときから、お互いが相手を宝物のように大事にされているのが伝わってくる素敵なおふたり。



サプライズの婚約指輪もイメージ通りとっても似合っていて、大成功でした。


お仕立てした婚約指輪は、プラチナの凛とした白さとダイヤがひとつひとつカップに収まり留まっている様子がお花のようです。



新たな地で、新たな生活が始まるおふたり。


薬指に輝く指輪が、お二人をどんなことからも守る、お守りのような存在となりますように。





つくり手 多田真梨子





Male:マリッジリング / K18WG(ホワイトゴールド)
Female:マリッジリング / K18WG(ホワイトゴールド)
エンゲージリング/Pt900(プラチナ)・ダイヤモンド

結婚指輪 Foresta《フォレスタ》

Order made《オーダーメイド》

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

小鳥が休息する止まり木をイメージした結婚指輪と、サプライズでご準備したプラチナの婚約指輪