2017.04.21 大宮

ツイストを活かして、ピンク色の宝石にお二人の想い出を留めた結婚指輪


“シンプルで、結婚指輪らしいリングを作りたい”

ithのアトリエを訪れたお二人は、同じ希望をお持ちでした。


“シンプル” と言っても、当てはまるリングの形は様々です。

お二人にとってのシンプルなリングは Mebius《メビウス》でした。リング正面にツイストのあるデザインです。


《メビウス》の特徴であるツイストを活かすこと、そしてお二人の記念日に沿って、出逢った7月のルビーと、結婚記念である2月のアメシストをお留めすることを、お二人の結婚指輪の特徴にしました。



同じツイストのリングでも、男性は表面のひねりにエッジをつけたMebius due《メビウス ドゥーエ》がお好み。4.0㎜とリング幅を広く仕立て、面が翻る様子をよりはっきりさせてクールな印象に。


リングトップにルビーを1粒、星の飾り彫りで遊び心あるアクセントを添えました。



男性とは逆にひねりのエッジのない、ふんわり優しいMebius uno《メビウス ウーノ》がお好みの女性。


正面のひねり部分はスターダスト加工で装飾し、リングの左側にだけダイヤモンドを3粒、そしてルビーを1粒お留めしました。


石を留める位置にもこだわりが見える形に。




刻印には、結婚記念日とお互いのイニシャルを刻み、アメシストをリングの内側に1粒ずつお留めしました。


思い出が詰まった、お二人だけのリングになりました。着けた左手を目にするたびに、顔がほころんでしまいそうですね。



ご納品後、男性は毎日リングを着けており、女性はお仕事による制約のない休日には必ず身につけているとご報告をいただきました。


ご納品後のエピソードを直接お知らせいただけることも、つくり手としてお二人のリングに携われたからだと思うと、アトリエでのひとつひとつのご縁に感謝と幸せを感じます。


おふたりの思い出を込めた結婚指輪に、これからお二人がともに重ねていく歴史が刻まれていくことが楽しみですね。





つくり手 平島 郁美





Male:マリッジリング/Pt 900(プラチナ)

Female:マリッジリング/Pt 900(プラチナ)



結婚指輪 Mobius due《メビウス ドゥーエ》


結婚指輪 Mobius uno《メビウス ウーノ》

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

ツイストを活かして、ピンク色の宝石にお二人の想い出を留めた結婚指輪