2017.11.17 大宮

ミルグレイン加工が繊細に輝く、プラチナの結婚指輪



結婚指輪らしいシンプルなリングが希望のお二人。
大切にしているポイントはお揃い感でした。


女性が気に入ってくれたリングは、Ribbon uno《リボン ウーノ》、Milgrain《ミルグレイン》、Tsutime Seifu《槌目 清風》、
それぞれ違ったデザインのリングですが、この3つには共通点が。





それはどのリングの縁にも、ミルグレイン加工が施されていること。
どうやら女性の好みはキラキラと繊細な輝きが印象的なミルグレイン加工のようです。


その3つの中で、男性が似合うものを選んでいくことに。



《槌目 清風》は金槌で施したたくさんの面が、ちょっぴりキラキラしすぎることから、男性はシンプルに《ミルグレイン》に。





女性は可愛らしさがあったほうがいいことと、男性もこっちのうが似合っていたよと言ってくれた、《リボン ウーノ》に決定しました。


細かく連なるミルグレインが、シンプルな形のリングをとっても華やかに彩っていて、結婚という特別感を感じさせてくれますね。



きらめきながら続くこの装飾のように、二人の未来への道筋も、きらきらと輝くものでありますように。







つくり手 多田真梨子

Male:マリッジリング/Pt900(プラチナ)
Female:マリッジリング/Pt900(プラチナ)


Milgrain《ミルグレイン》

Ribbon uno《リボン ウーノ》

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

ミルグレイン加工が繊細に輝く、プラチナの結婚指輪