2017.11.17 銀座

斜めの彫り模様とマット仕様でペア感を出したマリッジリング


シンプルなデザインがお好みで、女性は斜めのラインが入ったリングがお好みでした。


男性は一番最初につけたAllegro《アレグロ》がシンプルでこれがいい!とすぐに決まりましたが、

女性は”シンプルなところはいいけどアレンジを加えたい”とおっしゃり、他のリングも見てみることに。



女性は彫り模様がお好みで、斜めのラインが入ったStola《ストーラ》が”光に当たると輝くところがとっても綺麗!”と一番のお気に入りになりました。

お二人とも別々のリングを選ばれて、”ペア感がないね”と仰っていたので

”例えばStola《ストーラ》の斜めラインを男性のお気に入りのリング、Allegro《アレグロ》のマットな部分に入れてみてはどうですか?”とご提案しました。

”ペア感も残しつつ、お互いのこだわりも詰まっていいかもね”とお二人とも仰っていただき、こちらでお仕立てすることに。


リング幅は、エンゲージと重ね着けはあまりしないから1本でもしっくりくるようにと女性は2.5mm。

男性は少しだけ細くして2.7mmで仕上げました。



男性はマットであたたかみのあるかたち。女性はピンクゴールドのあたたかみと斜めのラインの輝きが綺麗なかたちになりそれぞれの良さを活かしたリングになりましたね!

ご納品の際に”どんな形に仕上がるかドキドキしていたけど、とっても素敵で嬉しい”と仰ってくださり、

イメージ通りのかたちでお渡しができたこと私もとても嬉しく思いました。


来年挙式予定のお二人。

左手の薬指にリングをはめて幸せな時間を過ごせますように。




つくり手 千葉美貴




Male:マリッジリング/pt900(プラチナ)

Female:マリッジリング/K18PG(ピンクゴールド)



結婚指輪:Allegro《アレグロ》 Stola《ストーラ》





この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

斜めの彫り模様とマット仕様でペア感を出したマリッジリング