2017.11.16 銀座

お二人の思い出の「モチーフ」にこだわった特別な結婚指輪



初めにお二人は「共通の趣味があるんです!」とお話してくださいました。


“サッカー観戦”が、お二人を結ぶきっかけにもなった共通の趣味。

「一緒に応援をしているチームの、チームカラーをリングに取り入れたい!」と、素敵なご希望がありましたね。


“赤色のルビー、白色のダイヤモンド、青色のサファイア”


トリコロールカラーであるこの三色を取り入れるため、

たくさんリングを試着していきました。


一つ一つリングを着けながら、

「このリングだとどこの位置に留められるのかな。」

「どんな雰囲気になるんだろうか。」と、

三人で細かく話合い、あっという間に時間が過ぎていきましたね。





時間をかけ大切にお二人が選ばれたリングは、Molto《モルト》でした。


パッと見た時の《モルト》の形が、

応援しているチームのマスコットキャラクターと同じ形だと、

嬉しそうに仰っていたことを思い出します。


《モルト》はリング全体で、植物の力強さをイメージしています。

そのため、左右でリングの幅が違っていたり、

リングの中心はスマートに流れる形が特徴的なリングです。


お二人は左右で幅が違う《モルト》の形を使い、

幅が広めになる右側に石留めをしました。


トリコカラーが目立つようにと、

それぞれ石を二石ずつ並べたのは男性のこだわりです。





内側には女性が手書きで、猫とボールの絵を描いてくださいました。

さりげなく描かれたハートマークが、お二人の仲の良さを現しています。




ご納品後、「リングのつけ心地もよく大満足です!」と、

暖かいメッセージをくださいました。


いつもアトリエにご来店してくださった後、

これからサッカー観戦に行くんです、と仲睦まじいお二人。


ご夫婦で共通の趣味があることもとても素敵だなと、

何度も幸せを感じさせていただきました!


思い出をたくさん詰めた結婚指輪と共に、

お二人のこれからが末永く幸せであることを祈っています。




つくり手 / 平島 郁美



Male:マリッジリング/Pt900(プラチナ)

Female:マリッジリング/Pt900(プラチナ)



Molto《モルト》




この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

お二人の思い出の「モチーフ」にこだわった特別な結婚指輪