2020.08.24 横浜元町

お二人だけの輝きを込めた結婚指輪

結婚指輪を選ぶとき、お二人には大切にしていたことがありましたね。

 

“おそろい”で“オリジナリティがある”ことが、お二人のテーマとして決まっていました。

 

お二人のお気に入りは、伝統技法である和彫りの指輪。

 

ithにはいくつかの和彫りの指輪がありますが、お二人の目に留まったのが直線を活かしたデザインの、《ストーラ》と《パルケット》でした。

 

 

ストーラ

 

パルケット

 

 

力強さも感じるシンプルな直線は、一本一本職人が施し、ひとつとして同じものはありません。

 

ふたつのデザインの間でたくさん迷われましたが、女性の「細身で女性らしい印象を大切にしたい」そして、男性の「シンプルなデザインにしたい」という思いから、《ストーラ》のデザインを選ばれましたね。

 

 

 

 

たくさんの指輪を試着してみると、選ばなかったデザインの中にも、自分の好きな要素があることに気づくことがあります。

 

ストーラとパルケットの種類のデザインをご試着されたとき、男性は「パルケットの幅がいいな」と感じていましたね。

 

手の大きな男性は手とのバランスを考え、指輪の幅を太くすることに。

 

女性はテーマである“オリジナリティ”をより出すために、ダイヤモンドを1石中央にお留めすることにしました。

 

 

 

 

指輪の内側には、洗練された印象の文字体で、お二人のご入籍日とイニシャルを刻みました。

 

お二人だけの輝きを込めた結婚指輪。

 

共に永い時間を過ごす中で、その輝きも少しずつ変化していきます。

 

「お二人らしい輝き」になった指輪と共に、またいつかアトリエに遊びに来てくださいね。



つくり手 臼井



Male:結婚指輪《ストーラ》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《ストーラ》/K18YG(イエローゴールド)

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

お二人だけの輝きを込めた結婚指輪