2017.04.13 横浜元町

デザインの異なるゴールドのペアリングの内側にお揃いのエメラルドを忍ばせた結婚指輪


お揃い感にはあまりこだわりがなく、“お互いの好きな形・デザインでのお仕立てでもいいかも” というお二人。


お二人に共通してるお好みは、イエローゴールドで少しボリュームのあるデザイン。


男性は手仕事のあたたかみを感じるリングデザインがお好みで、有機的なゆらぎやでこぼことしたフォルムのClasico《クラシコ》がお気に入り。



女性はミルグレインがいちばんのお好みで、さらにダイヤモンドをハーフエタニティで入れたいとご要望がありました。


ダイヤモンドの脇をミルグレンで飾ることで、華やでクラシカルな印象が生まれます。


“ハーフエタニティでも派手すぎない感じが素敵!” とおっしゃり、お気に入りのデザインが見つかりました。



形は違うけれど、2つのリングの色をゴールドで合わせることで統一感も生まれ、他にはないペアリングになりました。


リング内側には、お二人の好きな物語の一節をローマ字の刻印で刻み、さらにご入籍した月の誕生石を星の飾り彫り留めでお二人同じように入れました。



仕上がったリングをお渡ししたときの、幸せそうなお二人の笑顔を見ることができて、私も幸せな気持ちになりました。


このマリッジリングが、お二人にとって仲良しのお守りとなりますように。




つくり手 牧瀬あかり




Male:マリッジリング / Pt900(プラチナ)
Female:マリッジリング / K18YG(イエローゴールド)



結婚指輪 Milgrain《ミルグレイン》

結婚指輪 Clasico《クラシコ》

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

デザインの異なるゴールドのペアリングの内側にお揃いのエメラルドを忍ばせた結婚指輪