2019.12.07 横浜元町

流れるようなラインが美しい、お揃い感を大切にしたリング

 

 

 

リングには指を綺麗に見せるデザインや、

つけ心地の良いリングの形があります。

 

 

そして、自分の指に合ったリングの形というものもあります。

長く身につけるものだからこそ、自分の指に添うような形を。

 

 

今回は、心地の良いリングの高さを抑えた形が

お好きだったおふたりのリングのご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おふたりがお選びになったリングは、

ヴィバーチェ》と
マルカート》というリングです。

 

どちらも、S字のカーブがかかった形になっています。

 

 

S字のカーブは、薬指の水かきの高さに合った形になっているので

お手元を美しく見せたり、つけ心地に違和感がなく

つけていただくことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お揃い感も大切にされていたおふたり。

 

 

女性さまのリングには
ダイヤモンドが流れるように留まっています。

 

男性さまのリングにも斜めにラインが入っているので

よりラインがしっかり出るホーニングの加工をお入れし、

ラインが強調され、お揃い感のあるデザインになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お好みのマット感や、ダイヤモンドのデザインを叶えた、

おふたりの指に添うリングになりました。

 

 

これからもっとおふたりの指に馴染んでいくと思います。

 

 

 

 

 

 

これからも仲の良いおふたりでいてください。

 

末永いお幸せを、お祈りしております。

 

 

 

 



つくり手 小野寺



 

 

Male:結婚指輪《ヴィバーチェ》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《マルカート》/Pt900(プラチナ)

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

流れるようなラインが美しい、お揃い感を大切にしたリング