2019.01.08 リングコラム

エタニティリング | 結婚指輪・婚約指輪のどちらもにも選べる多彩なデザイン



注目のエタニティリング

 

フルエタニティリングは、指輪の全周にぐるりとダイヤモンドが輝くデザイン。ハーフエタニティリングはダイヤモンドが半周のデザインです。シンプルながら、ダイヤモンドがたっぷりあしらわれたゴージャス感も味わえるため、婚約指輪として選ぶ方も多いデザインです。

 

| Column:エタニティリングについて |

 

他の指輪とのレイヤードもしやすいため、生涯愛用する基本の指輪として、とても頼れるエタニティリングについてご紹介します。




どうやって選べばいい?

 

一見どれも同じようにに見えるエタニティリングですが、デザインにバリエーションがあります。ダイヤモンドのセッティング方法の違いが、輝きや使い勝手に変化を与えます。それぞれの特徴を知って、ご希望にぴったりのエタニティリングを見つけましょう。




ダイヤモンドの留め方いろいろ

 

ゴールドやプラチナといった、指輪の地金部分がほとんど見えないエタニティリング。デザインの違いは、ダイヤモンドの留め方に深く関係します。




*レール留め*

 

ダイヤモンドを隙間なく並べ、上下から挟み込むようにを地金のレールで留める方法です。宝石と宝石の間に爪がなく、ぎっしり並んだダイヤモンドの輝きが楽しめます。

 

| Loto《ロート》|


宝石が地金で覆われることで、着け心地にも安心感が生まれます。反面、宝石に当たる光が遮られるため、輝き具合いは落ち着きます。



*4爪留め*

 

ダイヤモンド1粒あたり、4本の爪でセッティング。しっかりと宝石が留まり、安心感があります。

 

| Ecliss uno《エクリス ウーノ》|


地金と宝石のバランスが程よく、光を受けダイヤモンドがキラキラと輝くため、大きめのダイヤモンドもよく映えます。



*共有爪留め*

 

1本の爪が、両サイドのダイヤモンドを支えるセッティングです。爪の数が少ない分、指輪に対してダイヤモンドの占める割合いが高まります。

 

| Opera《オペラ》|


地金が宝石を覆う分量が少ない分、輝きはゴージャス。仕上がりは繊細で、ダイヤモンドはヌーディな印象に。



デザインのバリエーション

 

*ハートモチーフ*

 

ハートシェイプのダイヤモンドを中心に、メレダイヤが輝くハートが連なるデザイン。

 

| Anello《アネーロ》|


かわいらしいモチーフを、上質な素材で仕上げた遊び心が魅力的です。



*爪そのものがデザインの一部に*

 

ダイヤモンドを留める爪を2パターン交互に配置することで、フォルムに変化をつけたデザイン。

 

| Eterno《エテルノ》|


同じ大きさの石も、単調にならずリズミカルにデザインされています。



*カップにおさまるダイヤモンド*

 

ダイヤモンドのひとつひとつが地金に包まれるデザインで、コンサバティブな指輪が苦手な方も身につけやすい仕上がりです。 | Bolla《ボーラ》|

 

石が覆われる面積が多いため、安心感のある着け心地も特徴です。




その方らしいエタニティリングを

 

比べてみると、バリエーション豊富なエタニティリング。違いが分かれば、安心してご自身らしいデザインを選び取ることができます。美しく連なるダイヤモンドの輝きは、お二人の永遠の愛の誓いをより確かにしてくれます。

この投稿をシェアする

エタニティリング | 結婚指輪・婚約指輪のどちらもにも選べる多彩なデザイン