2022.06.09 Umeda

お二人で話し合って辿り着いたお揃いの結婚指輪

 

アトリエへ二度

足を運んでくださったお二人。


一度目はふらっと立ち寄ってくださり、
二度目に来られた時には
もうお好みがはっきりされていましたね。

さりげない凹凸の槌目模様

お二人が選ばれたのは、
さりげない凹凸や
絶妙なマット加工の槌目模様が

特徴の《槌目秋》。

 

 

 

 

シンプルなものがお好みの男性。
個性的なものがお好みの女性。
ちょうど間ということで、
お二人とも気に入ってくださいましたね。

日常への溶け込みを意識したこだわり

普段からボリュームのある指輪を
身に着けられる女性は、
結婚指輪らしさを出すために
幅を少し細くしました。

 

お手元に馴染むように
丸い形状に変更したのもこだわりです。

 

 

結婚指輪だからこその特別感

指輪の内側には
お揃いの文字を入れました。


女性は結婚指輪だからこそと、
ダイヤモンドを内側に留め
特別感を出しました。

 

 

たくさん話し合った指輪選びのお時間

お二人でじっくりお話されたからこそ
お好みも明確になり、
お揃い感のある一組になりましたね。

 

指輪選びのお時間も
お二人にとって思い出の一つに
なっておりましたら嬉しいです。

 

 

 

 

またいつかお二人にお会い出来ますように。

 

つくり手 佐々木

Umeda Atelier

この投稿をシェアする

お二人で話し合って辿り着いたお揃いの結婚指輪