2021.09.10 心斎橋

手仕事感と存在感のある結婚指輪

今回ご紹介する結婚指輪は

ペザンテです。

 

ithで新たに取り組み始めた

鍛造製法で作られたデザイン。

金属を叩いて鍛えることで

強度の高い指輪にする製法です。

 

 

 

 

ペザンテはイタリア語で

重いという意味があります。

その名の通り、

幅と厚みがしっかりしていることから

重厚感がありますね。

 

たっぷり金属を使っていて

存在感のあるペザンテですが、

指輪の内側に丸みを施す

内甲丸加工により、

着け心地が良く感じられます。

 

 

 

 

そして、表面の加工には

ithオリジナルのネーヴェ加工。

 

くるくると線を重ねて描くことで

オーダーメイドならではの

職人の手仕事を感じられます。

 

マットすぎず、光沢すぎない

絶妙な質感のネーヴェ加工は

お手元に優しく馴染んでくれますよ。

 

 

 

 

さらに、女性の指輪に

留まっているダイヤモンドは

少し大きめのサイズで

特別感があるようにお仕立て。

 

オーダーメイドだからこそ

製法や加工、着け心地など

細部にまでこだわった結婚指輪です。

 

 

 

 

つくり手 佐々木

 

 

Male:結婚指輪ペザンテ/Pt950(プラチナ)

Female:結婚指輪《ペザンテ》/K18YG(イエローゴールド)

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

手仕事感と存在感のある結婚指輪