2020.09.27 心斎橋

存在感を持たせたこだわりの結婚指輪


女性が普段身に着ける指輪は

可愛い系よりかっこいい系。


でも結婚指輪は特別なものだから

他の指輪とは違いを出したい。


流れる曲線にダイヤモンドが留まり、

落ち着いた雰囲気の《マルカート》を

男性と一緒に選ばれました。







もともと

幅の太い指輪がお好きな女性は、

指の中で存在感がある方がいいと

幅を0.5mm増やすアレンジを。







数字で見ると

わずかな差のように感じますが、

この0.5mmの違いが

大きくデザインを変えます。


ダイヤモンドのサイズも変わり

指に着けたとき、

しっかり存在感が出る

理想の指輪が仕上がりました。







男性の指輪も

女性と同じ幅のサイズに。


リングトップの緩やかなカーブの形が

より強調されるかっこいい指輪に。


以前、ithの婚約指輪《グロリオーサ》を

男性から女性へ

プレゼントされているお二人。


結婚指輪を選ばれるこの日も

着けてきてくださいましたね







ダイヤモンドを

包み込むように支える石座は、

花に見立てたデザイン。


マルカート》との重ね着けも

気に入っていただけました。


完成した指輪は

直接お二人へお渡しできませんでしたが、

いつかお二人の思い出が

たくさん詰まった指輪を見れる日を

楽しみにしています。


末永くお幸せに!



つくり手 坂井



Male:結婚指輪《マルカート》/K18WG(ホワイトゴールド)

Female:結婚指輪《マルカート》/Pt900(プラチナ)

Female:婚約指輪《グロリオーサ》/Pt900(プラチナ)

この投稿をシェアする

存在感を持たせたこだわりの結婚指輪