2019.08.24 心斎橋

細やかなきらめきとさりげない2色の結婚指輪

 

はじめにお話しした時に、

なんとなくイメージしているのは

“2色、細身、動きのあるもの” 

ということを教えてくださいました。

 

 

 

 

 

実際にリングを試着していくと

動きのあるものよりもストレートタイプの方が

自分たちの指に合うと気づいたお二人。

 

 

目で見ているだけの時の印象と、

実際に自身の指に着けてみた時の印象は

思っている以上に変わるものです。

 

 

たくさんの種類のリングを試着することによって

リングの好みは変化しながらも、

”自分たちが着けたい結婚指輪”が見つかりました。

 

 

 

 

 

 

お二人が選んだのは《マルカート》。

 

正面の部分はゆるやかにS字のカーブを描きつつ、

ひねりの立体感のある形状。

手のひら側はストレートになっています。

 

 

 

 

 

 

自分たちの指にしっくりくるのはストレート、

でも元々動きのあるものが気になっていた…

そんなお二人にはぴったりの形でしたね。

 

 

 

女性リングには元々ダイヤが入るデザインですが

“スターダスト”と言う加工の響きがかっこいいと

お二人が気に入ってくださったキラキラの加工を

ダイヤの代わりに女性リングにアレンジ。

 

 

 

 

 

 

リングの内側にはお二人ともがお好きな

ピンクゴールドの金属を貼り合わせることで

表面からはプラチナ、内側にはさりげなくピンクが見える、

はじめの希望であった”2色”も取り入れました。

 

 

 

 

 

 

私の意見もたくさん聞いてくださり、参考にしながら

“オーダーメイドって楽しい!”と言ってリング選びの時間を

楽しんでくださったお二人。

 

 

お二人のリングを私も一緒に作り上げていく感覚を感じ、

私にもお二人の幸せをおすそ分けしてもらったような、

とても幸せな時間を過ごさせていただきました!

 

 

 

 

 

 

シンプルですがお二人のこだわりが

たくさんつまったこだわりの結婚指輪。

愛着を持って長く身につけていただけますように。

 



つくり手 竹澤



 

Male:結婚指輪《マルカート》/Pt900・K18PG(プラチナ・ピンクゴールド

Female:結婚指輪《マルカート》/Pt900・K18PG(プラチナ・ピンクゴールド)

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

細やかなきらめきとさりげない2色の結婚指輪