2022.02.07 Shinjuku

やっとたどり着いたお揃いの結婚指輪

お二人と初めてお会いしたのは、

2度目にithへお越しくださった時でした。

 

お会いしてすぐに誠実なお人柄が伝わってきたことを、

今でも覚えています。

ただ指輪選びはとても悩まれていましたね。

 

 

改めてゆっくりとお話しを伺い、

 

結婚指輪らしいフォーマルな印象は何だかしっくりこない”

”本当はゴールドが好きだけど、男性と同じプラチナの指輪にしたい”

 

こんなキーワードから、お二人ならではのお揃い感を探していきました。

 

 

 

そして男性がお好みだったデザートを、

女性がコンビネーションにすることで、

デザインが決まっていきました。

 

 

男性は、幅感に悩まれながら、

通常2.5mm幅のリングを3.0mmにして、

お手元に映えるように。

 

 

女性は、男性と同じデザートフォルムをプラチナに。

 

さりげなくゴールドが見えるデザインに、

ダイヤモンドを1石追加しました。

 

 

『やっとしっくりくる感じがしてとても嬉しかったです』

デザインが決定した後、こんな嬉しいメッセージを送ってくださいました。

 

 

あれからもうすぐ1年ほど経ちます。

ご入籍も経て、お二人のお手元に指輪もなじまれている頃でしょうか。

 

 

たくさん悩まれたからこそ、

大切な指輪となっていることと思います。

 

 

風合いが変化していく様子も、

お二人で楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

またお会いできる日を楽しみにしておりますね。

 

 

 

つくり手 遠藤

Shinjuku Atelier

この投稿をシェアする

やっとたどり着いたお揃いの結婚指輪