2023.10.23 名古屋栄

いつまでも色褪せない思い出を宿す結婚指輪

プロポーズのお手伝いから始まり、

結婚指輪婚約指輪

長きにわたり制作をお任せくださったお二人。

 

 

初めは、男性お一人で

アトリエへお越しくださいましたね。

 

初めての指輪選びに少し戸惑いながらも

お相手さまのことを大切そうにお話ししてくださる姿がとても印象的でした。

 

そうして男性が選ばれたのは《プロポーズリング※》でしたね。

※ithオンラインストア限定商品となっております。

プロポーズのご成功、そしてアトリエでの再会

それからしばらくして、

お二人揃ってアトリエへお越しくださいました。

 

お一人の時とは少し違って

リラックスして楽しんでくださる男性と

明るい笑顔が素敵な女性。

 

指輪を通して、

お二人の結婚に携わらせていただけることを

とても嬉しく感じました。

 

 

 

指輪に込めたそれぞれの想い

槌目や彫り模様など

職人の手仕事を感じられるデザインがお好みだった男性。

 

コローレ》をベースに

ミル打ちや、細かな槌目を施して

一点ものの温かみを感じる仕上がりとなりました。

 

 

また、大きくしっかりとしたご自身のお手元に、

負けない存在感がほしいとお考えでした。

 

もともと気になっていたイエローゴールド

さりげなく縁に取り入れることで、お手元に馴染ませつつ、

存在感も叶う仕上がりになりましたね!

 

 

 

女性は、石留めやテクスチャに

ご自身とゆかりある数字やモチーフを取り入れて

オーダーメイドならではのアレンジを楽しんでくださいました。

 

 

クラシカルな雰囲気がお好みだった女性は

ご試着中もミル打ちのデザイン

手にとってくださることが多かったですね!

 

そしてリボンの形をした《リボン ウーノ》は、

たくさん試着する中で見つけた、手を綺麗に見せてくれる

ご自身のお手元に1番しっくりくる形でした。

 

 

お二人の指輪を繋ぐ共通点

異なる形でも、しっかりとお揃い感があるのは

お二人がこだわったポイントです。

 

 

もともとお好みが共通していたミル打ちに加えて、

表面のテクスチャも同じ《槌目秋》を施すことで

ぐっとお揃いの印象を高めることができましたね。

 

指輪の内側に込めた刻印にも

お二人の思い出が宿っています。

 

 

職人が丁寧にお仕立てした指輪がお手元へ

ご納品の際には、

男性からプロポーズの時にお渡しされた

プロポーズリングを重ねて着けてくださいましたね。

 

 

 

その姿はなんとも感慨深く、

これから先も、思い出が指輪という形で

色褪せずに残っていくのだなと温かい気持ちになりました。

 

じっくりと悩んだ時間も、愛着の湧く思い出になりますね。

 

 

結婚指輪のご納品から半年ほど経った頃、

今度は婚約指輪の制作でお二人にお会いできたことも嬉しかったです。

 

 

これからもお二人で歩まれる毎日を

指輪たちが優しく彩ってくれますように、、!

 

 

つくり手 山口

 

Nagoya Sakae Atelier

この投稿をシェアする

いつまでも色褪せない思い出を宿す結婚指輪