2023.04.21 Nagoya

お二人らしさと、さり気ないこだわりを感じる結婚指輪

 

お二人とお会いしたのは名古屋栄アトリエ。

 

"一生ものだからこだわってつくりたい"と

指輪への思いをお話してくださいました。

2面性を生かしてオリジナリティを

男性が気に入ってくださったのは、

着ける位置によって表情を変化させる《アレグロ

 

元々入っているマット加工を

さらに深い"ホーニング加工"に変更し

2面性をより際立たせました。

 

シンプルがいいけど、何かしたい、

そんな希望を叶えてくれましたね。

 

 

 

 

こだわりを組み合わせたデザイン

女性は《アルページオ》を選びました。

 

中央のラインがぷっくりと立体的で

縁取りがすっきりと華奢に見せるデザイン

 

自然と手元に馴染むような

程よい主張がお好みでしたね。

 

ダイヤの数や留め方、

そして、下のラインにだけ

男性とお揃いのマット加工を入れたのは

たくさん悩んで見つけたお二人だけのこだわりです。

 

 

 

 

悩んだポイント

最終的に悩んだデザイン

お二人とも2色かプラチナ一色のデザインでした。

 

プラチナ一色になった決め手は、

ずっと着けていたいこと、

そして、お二人とも温泉やサウナが大好きだったこと。

 

プラチナは変色しないというところが

お二人の中で安心できるポイントでしたね。

 

そんなところも

お二人らしい指輪の選び方でした。

 

 

 

 

いつか、お子様が生まれたら

刻印や内石を追加しようかなと

仰ってくださいましたね。

 

そんな日がくることを楽しみにしつつ、

お二人の末永いお幸せを願っております。

 

つくり手 馬場

 

Nagoya Sakae Atelier

この投稿をシェアする

お二人らしさと、さり気ないこだわりを感じる結婚指輪