2021.09.27 名古屋栄

指元の存在感に惹かれた結婚指輪

ithのインスタグラムで

二色のコンビカラーの指輪が

お気に入りだったお二人。

 

 

身につける上で、

お互いのお好みももちろんですが、

夫婦の証として選ばれた結婚指輪選びの時も

お二人ならではのエピソードがありました。

 

初めてお会いした時、

「今日から指輪探しを始めたんです!」と、

ワクワクした気持ちと同時に、

どんな指輪が似合うんだろうか。

期待と不安を持ってお二人でアトリエにお越しになりましたね。

指につけた印象

インスタグラムで気になっていた《グラーヴェ

 

指輪をご自身の指にはめてみると、

「やっぱり二色って素敵だね。」

お二人が初めて揃って結婚指輪をつけた瞬間でした。

 

 

最初の不安よりも、指輪選びが楽しいという

雰囲気の中たくさん指輪を試着していただきましたね。

 

当日は、指輪のイメージや具体的な色味を見て頂き

お二人のお顔にも、指輪選びに対して前向きな雰囲気が溢れ出していた気がします。

共通のお好みを指輪に込めて

初めてお会いしてから、一ヶ月後。

 

改めてアトリエに来てくださった

お二人とお会いして、お話しをたくさんしましたね。

 

お話しをしていくと以前よりも、

より指輪に対するイメージがお二人の中で鮮明になっていた気がしました。

 

二色にするところはお二人とも変わらず。

「やっぱりお揃いのデザインにしたい。」

お二人の結婚指輪への優先したいことを大切に、

お気に入りだった《グラーヴェ》をベースに

プラチナとピンクゴールドの

2色のカラーでお仕立てをすることにしました。

 

お仕事の関係で休日にだけ結婚指輪をつけられるお二人。

 

普段の服装や、

お手持ちのアクセサリーにも合うように、

指輪の幅感にも細かなこだわりをもたせました。

 

ピンクゴールドの部分は

「肌馴染みをよく見せたい。」

というお二人の意見から、

片側だけ半周にのみ、つや消しの加工を施しました。

アシンメトリーなダイヤモンドの配置

女性の指輪には

中指側に向かってグラデーションでダイヤモンドを5石。

 

 

正面からも見える大きさのダイヤモンドは

女性の憧れのデザインでしたね。

 

初めてお会いしてから数えると3回目の時に、

無事にお二人の結婚指輪として仕上がった

指輪をお渡しさせて頂きました。

 

入籍から2ヶ月。

これからは、休日にお揃いの

結婚指輪をつけてお出かけ楽しんでくださいね。

 

末永くお幸せに!

 

つくり手 田中

 

Male:結婚指輪《グラーヴェ》/Pt900(プラチナ)/K18PG(ピンクゴールド)

Female:結婚指輪《グラーヴェ》/Pt900(プラチナ)/K18PG(ピンクゴールド)

 

 

この投稿をシェアする

指元の存在感に惹かれた結婚指輪