2021.09.23 名古屋栄

お互いの誕生石を留めた結婚指輪

ithでは、指輪の試着をする前に

お二人の指輪のイメージやご希望などを

お伺いしてから試着が始まっていきます。

 

お二人の指輪のイメージやご希望を

伺っている中で、お二人が仰っていたのは

“誕生石を留めた結婚指輪"でしたね。

 

 

男性の指輪には、女性の誕生月の

“ペリドット"を留めています。

 

ペリドットは、困難な状況の中でも

希望の光を照らし、明るい未来へ導く石と

言われています。

 

 

女性の指輪には、男性の誕生月の

“サファイア"を留めています。

 

サファイアの深みのある青色は

揺らぎのない心の象徴として、

“一途な愛"という意味合いがあります。

 

 

誕生石は、身につけていると

“幸せが訪れる"と言われています。

 

また、お二人の指輪表面に施した

羽がモチーフとなったピウマ

 

羽のモチーフには“お守り"という

意味合いがあります。

 

お二人のリングがお守りとなって

これからご夫婦となって

歩んでいくお二人の元へ

たくさんの幸せが訪れますように。

 

末永い幸せをアトリエより祈っております。

 



つくり手 杉浦



Male:結婚指輪《ピウマ》/Pt900(プラチナ)
Female:結婚指輪《ピウマ》/Pt900(プラチナ)

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

お互いの誕生石を留めた結婚指輪