2021.09.14 名古屋栄

ダイヤモンドの留め方、つけ心地にこだわった結婚指輪

細身なデザインでつけ心地に

こだわりを持たれていたお二人。

 

アトリエでお二人のお好みを

お伺いしながら、サンプルリング のご試着を

していただきました。

 

試着をしていく中で

お揃いで選ばれたのが《クローチェ

 

指につけた時、正面からみると

2本のラインが見える指輪です。

 

掌側のリングの厚みが薄くつくられている事で、

つけ心地にも配慮されたデザインです。

 

男性は結婚指輪が

初めてのアクセサリーということもあり

毎日身につけていても指元に違和感のないのが

お好みと仰っていましたね。

 

実際に《クローチェ》を身に付けていただいた際も

手のひらを曲げたり広げたりして、

指元の着用感を気に入ってくださいました。

 

指輪のサイズや着用感に関しても

お二人とお話を交えながらさせていただきましたね。

 

 

女性は、ダイヤモンドの留め方を変更し

"彫り留め"にてお仕立てをしました。

 

右上がりに伸びるラインに沿った

ダイヤモンドの上品さがグッと

増したデザインとなりましたね。

 

鏡面加工のお仕立ては

これから、身につける事で

お二人にしかつくり出せない

経年変化も楽しみの一つとなると思います。

 

先日、無事にお二人へ完成した結婚指輪を

ご納品させていただきました。

 

男性から贈られた

婚約指輪とのバランスも素敵でしたね。

 

ご入籍までの間、お二人の想いを込めた結婚指輪が

新たな門出を迎えられるお二人のお気持ちを

高めてくださいますように。

 

つくり手 田中

 

 

Male:結婚指輪《クローチェ》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《クローチェ》/Pt900(プラチナ)

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

ダイヤモンドの留め方、つけ心地にこだわった結婚指輪