2020.11.10 表参道

質感の違いで形が際立つ結婚指輪

シンプルでフラットな形の指輪より、

ひねりが入っていたり、動きがあったり、

立体感のある形が気になっていたお二人。

 

ithでは、たくさんの形の種類をご用意しているので

何度も着け比べてみることで、

ご自身の指にしっくりくる形が見つかります。

 

 

 

 

お二人の指に馴染んだのは

Mebius due《メビウス ドゥーエ》でした。

 

メビウスの輪をモチーフにしたひねりが

立体感を生み出した、エッジのある形が特徴です。

 

 

 

 

オーダーメイドならではの

手仕事を感じられる槌目模様を全体に施し、

ほっこりと温かみのある印象に。

 

ひねりの部分は

あえて光沢のある質感を残したことで、

指輪の立体感が際立ちます。

 

キリッとしたメリハリのある形と、

柔らかい槌目が合わさったデザインになりました。

 

 

 

 

女性の指輪には、

ダイヤモンドをお留めして

結婚指輪の特別感をプラスしました。

 

 

指輪の内側には、暗号のような刻印とエメラルド。

 

ご納品の際に、

お二人に刻印の意味を聞いてみました。

 

 

 

 

BDE=Best Day Ever

「今までで最上の日」

 

この頭文字をとった言葉だと教えてくださいました。

 

H∞A=Happily ever after

「いつまでも幸せに暮らしました/めでたしめでたし」

 

そんな素敵な物語を締めくくる言葉だそうです。

 

 

頭文字を並べたさりげないこだわりが、

おしゃれなお二人らしいな、と思いました。

 

 

 

 

これから永く続いていくお二人の結婚生活。

 

最上の幸せが日々積み重なってゆくことを

アトリエから願っています。



つくり手 松井



 

Male:結婚指輪《メビウス ドゥーエ》/K18YG(イエローゴールド)

Female:結婚指輪《メビウス ドゥーエ》/Pt900(プラチナ)

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

質感の違いで形が際立つ結婚指輪