2022.01.14 大宮

オーダーメイドだからこそたくさんのお好みを叶えられた結婚指輪

「指輪を見ても、どれも惜しいんです。」と、

ご試着前に教えてくださいましたね。

 

お好みがはっきりしているお二人は

様々のブランドを見て回るも、

全てのお好みが叶うデザインに

なかなか巡り会えなかったそうです。

 

全てを叶えるためithに来てくださったお二人を前に、

私も「叶えるぞ。」

と意気込んだことを覚えています。

共通のお好みとそれぞれのこだわり

 

お二人のお好みは、

ピンクゴールド、カーブした形、マット加工。

 

共通のお好みはたくさんありましたが、

指輪をご試着していくと、

お好みの中に新しいこだわりが見えてきました。

 

 

男性が選ばれたのは、

Vivace《ヴィバーチェ》

 

水かきに沿って大きくカーブをすることで

形は手に馴染み、つけ心地も抜群です。

 

深めのマット加工と

正面からチラリと見える彫り模様で、

マットな風合いの中にもメリハリをつけた、

こだわりの1つです。

 

 

男性の《ヴィバーチェ》と比べ、

「私はこれくらい

さりげない方がちょうどいいです。」

と女性が選ばれたのは、

Marcato《マルカート》という指輪。

 

女性のお好みの1つだったダイヤモンドは、

ランダムに留めることで

遊び心を感じるデザインへと変わりました。

 

 

妥協せずにお好みやこだわりと向き合うことで

お二人ならではの結婚指輪が生まれました。

 

お二人のお守りとなり、

幸せを見守ってくれる存在になりますように。

 

つくり手 髙山

大宮アトリエ

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

オーダーメイドだからこそたくさんのお好みを叶えられた結婚指輪