2020.11.30 Kichijoji

お二人の心を惹きつけた繊細な模様の結婚指輪

ithのWEBで好みの指輪を見つけてお越しいただいたお二人。


幅広いデザインの指輪を身に着けた上でも、

お二人の心を離さなかったのはその指輪でしたね。





最後まで一途に気に入っていただいた

男性の指輪は《アーラ》です。


《アーラ》はイタリア語で“翼"という意味があります。





プラチナの羽毛のような彫り模様を、

イエローゴールドで縁取った二色仕立てのデザインです。


縁の部分をホーニングというマット加工へアレンジし、

コントラストが優しい印象の指輪となりました。


女性はイタリア語で“羽"という意味のある

《ピウマ》を選ばれました。





羽は幸福を運びこむ象徴とされています。


職人の手仕事により繊細な陰影を施した模様の光り方は、

まさに羽がふわりと浮かび上がってくるように見えます。


縁にはミルグレインを加えてよりアンティークな印象へとアレンジ。

男性の指輪とのお揃い感も増しましたね。





お二人ともトップには星の飾り彫りを入れました。

さりげなくキラッと輝くアクセントがポイントです。


ご納品時には女性のご友人がお祝いとして、

指輪をイメージしてネイルをしてくれた指元のお写真を

撮影させていただきました。





指輪とネイルの相性が抜群でとても素敵でした。


いつまでも指輪がお守りのようにお二人の幸せを

見守ってくれる存在となっていたら嬉しいです。



つくり手 矢野




Male:結婚指輪《アーラ》/Pt900・K18YG(プラチナ・イエローゴールド)


Female:結婚指輪《ピウマ》/K18YG(イエローゴールド)

この投稿をシェアする

お二人の心を惹きつけた繊細な模様の結婚指輪