2020.05.13 Kichijoji

お二人の形が詰まった婚約指輪

最初に男性お一人でアトリエにお越しいただいたことが、

お二人とご縁をいただくきっかけになりました。


「ダイヤモンドをプレゼントする形でプロポーズをしたい」

男性が選んだダイヤモンドを女性にプレゼントした後に、

「二人で一緒に婚約指輪を選びたい」と素敵なお話をいただきました。





一つずつダイヤモンドを選ぶ真剣な表情から、

お相手の女性への思いが伝わってきたのを覚えています。


そして旅行先でのプロポーズが成功し、

女性も一緒にアトリエに改めてお越しくださりました。


一つずつ指輪を試着いただきながら、

選ばれた指輪は《アロー》です。





中心の大きなダイヤモンドに向かって

矢の先端のような形になっている部分と、

腕全体がくぼんだデザインが他では見られないような

個性的な雰囲気を感じられますね。


指輪の腕に、メレダイヤモンドを10㍶留めることで、

手作り感と婚約指輪らしさが合わさったデザインに仕上がりました。





小さな粒の縁取りと、優しく肌馴染みの良いイエローゴールドのお色味が

女性のご希望だったアンテークな雰囲気を叶えることができました。





お付き合いされた記念日に無事入籍をされ、

“夫婦”のスタートラインに立ったお二人。


これから先の未来を《アロー》が温かく見守ってくれるでしょう。

お二人の末永い幸せを心よりお祈りいたします。



つくり手 本波



Female:婚約指輪 《アロー》/K18YG(イエローゴールド)

この投稿をシェアする

お二人の形が詰まった婚約指輪