2019.10.24 吉祥寺

特別感を大切に選んだ、マット加工がぬくもりある結婚指輪

女性は槌目のリングを、

男性はシンプルなリングをご希望され、

ithにいらしてくださったお二人。





ご試着の中で

男性がかっこいい!と気に入ってくださったのは

Allegro《アレグロ》の二面性のある形。





女性はVivace《ヴィバーチェ》の指にしっくりと馴染む

S字のカーブを気に入ってくださいました。





形状はストレートとカーブで異なりますが、

ゆったりと切り替わる二面のデザインがお揃いの

兄弟のようなリング達です。



お二人のリングの片側には槌目を施し、

もう片面には槌目とテイストを変えて、

線状にうっすらと光沢が残る、ヘアライン加工をプラス。


全面がつや消し加工なので、肌にも馴染む

落ち着いた雰囲気に仕上がりました。





シンプルさはリングの形状に、

特別感は女性のお好きな加工の組み合わせに。


お二人のご希望がひとつの形にまとまり、

お二人らしさがたっぷりと詰まったひと組になりましたね。






つくり手 伊藤




Male:結婚指輪《アレグロ》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《ヴィバーチェ》/K18YG(イエローゴールド)

この投稿をシェアする

特別感を大切に選んだ、マット加工がぬくもりある結婚指輪