2017.12.02 Kichijoji

着け心地の良いS字カーブのフォルムと2つの面にお互いのこだわりが詰まったリング




選ばれたのはVivace《ヴィバーチェ》というデザインです。

リングをご紹介し一度つけた時からお二人ともいいとおっしゃていたS字カーブで、手のカタチに沿いとてもつけ心地が良いフォルムです。



Vivace《ヴィバーチェ》はリング1周にかけて2つの面が流れるように切り替わり、立体感があります。

面によってつや感やテクスチャーを変えることで、リングにメリハリができます。







初めはピカピカの鏡面仕上げが好きとおっしゃっていたお二人ですが、たくさんのリングをつけてみて、つや消しの方がお好みでした!



つや消しの中でも、女性はPiuma《ピウマ》の彫りの輝き方がお気に入りで、男性はTsutime Kunpu《槌目薫風》の槌目模様のヘアラインのつや消しをがお気に入り。







1面のテクスチャーでお互いの好みを取り入れ、もう1面とフォルムを合わせることでお揃い感を。


女性にはトップの部分へ、もともと気になるとおっしゃていた星の飾り彫りで、ダイヤモンドを1PCお入れしました。







リングの内側には、記念日とお二人のお名前を手打ち刻印でお入れしました。

手打ち刻印は一文字一文字お入れするためほんの少し上下に揺れますが、とても温かみのある刻印です。



温かい笑顔のお二人にとてもぴったりな刻印ですね。







”お揃い感を出しつつお互いにお好みが詰まった”特別な世界に一つのリングとなりましたね!

このたくさんの想いが詰まったリングと共に、たくさんの幸せの時間を刻んでくださいね。



末永い幸せを祈っております。





つくり手 青山 夏子



Male:マリッジリング/Pt900(プラチナ)
Female:マリッジリング/Pt900(プラチナ)


結婚指輪

Vivace《ヴィバーチェ》

Tsutime Kunpu《槌目薫風》

Piuma《ピウマ》

Kichijoji Atelier

この投稿をシェアする

着け心地の良いS字カーブのフォルムと2つの面にお互いのこだわりが詰まったリング