2019.10.25

シンプルな中にたくさんの想いが込められた結婚指輪


オリジナリティのあるデザインを求めてリング選びをしていたお二人。

最初はカットリングのようなデザインを探していましたね。


女性はキラキラと輝く華やかなデザインがお好みでした。

たくさんのお気に入りの中から選んだのは、お手元に華やぎを与えるRonde《ロンド》。


ダイヤモンドの数を増やし、永遠を意味するエタニティリングにアレンジしました。

毎日身に着ける結婚指輪だからこそ、日常使いしやすいように縁がフラットなものにしたのもポイント。



男性は身に着けるものに対してのこだわりが強いお方だと女性から伺っておりました。

ご職業柄もあり、指輪の作りについて深く関心を持っていただき、私も楽しい時間を過ごさせていただきました。


そんな男性が選んだのは、一番最初にご試着したAndante《アンダンテ》。

色々なリングをご試着していきましたが、一周回って洗練されたシンプルなデザインに価値を見出してくださったのがキッカケ。


素材はイエローゴールドでお考えでしたが、ピンクゴールドの方が上品な印象で似合うという新しい発見をされましたね。



指輪の内側にはWith Diamondをお留めしました。
ひとつの原石からふたつのダイヤモンドを研磨した、“ふたつでひとつ”という意味合いをもつ特別なダイヤモンドです。


長い年月を共に過ごしたダイヤモンドは形を変え、
結婚指輪の中に宿ることで、これからはお二人の絆を結ぶ証となります。



たくさんのこだわりや想いが込められた結婚指輪。

お二人のお手元で、いつまでも輝き続けますように。



つくり手:中山




Male:結婚指輪《アンダンテ》/ K18PG(ピンクゴールド)
Female:結婚指輪《ロンド》/ Pt900(プラチナ)



この投稿をシェアする

シンプルな中にたくさんの想いが込められた結婚指輪