2019.03.14 銀座

清らかな光がお二人を包み込むマリッジリング

 

 

「HPでみたこのリングが気になっています。」と、

はじめにお写真を見せてくれた女性。

 

気になっていたリングは、Luce《ルーチェ》

 

イタリア語で“光”を意味する《ルーチェ》は、

連なる多面体の形が、太陽の光を浴びてキラキラと輝き、

いろんな表情を見せてくれるリングです。

 

 

 

 

お二人はこのゆらゆらとしたスタイリッシュな形、

さらにリングの内側に丸みをつけることで、

指通りのいい着け心地にもこだわりました。

 

槌目の模様や彫り模様。

たくさんの形を身につけましたが、

この《ルーチェ》に勝るリングはお二人にはありませんでしたね。

 

 

 

 

スッキリと綺麗なラインで着けられるように、

ご自分のお手元に似合う幅で、リングを調節しました。

 

内側にはお二人のイニシャルと、

大切なお日付を刻んで。

 

 

 

 

ただのリングではなく、

お二人だけの特別なリングが完成しました。

 

 

 

 

いつも凛として、

スッキリとした雰囲気をお持ちのお二人に、

プラチナで仕立てた《ルーチェ》がよくお似合いでした。

 

お二人を繋ぐ左手の小さな光が、

これからも永遠と輝き続けますように。



つくり手 / 平島 郁美



Male:結婚指輪《ルーチェ 》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《ルーチェ 》/Pt900(プラチナ)

この投稿をシェアする

清らかな光がお二人を包み込むマリッジリング