2017.11.20 銀座

お二人で書いた「手書きの刻印」が印象的な結婚指輪



7月7日、七夕の日にアトリエを訪れたお二人。


初めのお好みはMilglain《ミルグレイン》。

細やかな粒の縁取りがお二人のお気に入りでしたね。





つや消しのテクスチャがお好みだったお二人は、

《ミルグレイン》の表面をホーニングで仕立てました。


ホーニングは数あるテクスチャの中で、

一番深くマットな質感が楽しめます。


形、テクスチャ、リング幅、

全てお揃いで仕立てることをお二人は大切にしました。



そして一番にこだわったのは、内側の刻印です。





男性がご持参していた万年筆を使って、

何度も文字を書いては「こっちの方がいいね!」と、

どの文字を内側に刻もうかたくさん悩みましたね。


お二人のお名前は男性が担当。

そして記念日の日付を女性が担当しました。


一時間近くかけて考えた刻印は、

担当した私にとっても大切な思い出でです。





初めてお会いした時からずっと、

同じ歩幅で手を取り合いながら進んでいくお二人の関係が、

とても印象的でした。


お揃いを大切にした結婚指輪も内側の刻印も、

お二人にとって大切な特別となりますように。


これからも末永いお幸せを祈っています。




つくり手/平島郁美




Male:マリッジリング/Pt900(プラチナ)

Female:マリッジリング/Pt900(プラチナ)



Milgrein《ミルグレイン》

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

お二人で書いた「手書きの刻印」が印象的な結婚指輪