2021.12.26 福岡天神

お二人で歩んでいく時間を刻むシンプルな結婚指輪

元々、マットな風合いの指輪に惹かれて

ithに来てくださったお二人。

 

たくさんの指輪を試着する中で、

お二人が辿り着いたのは、

結婚指輪らしさ溢れるデザインでした。

 

 

お二人が選ばれたのは

カンタービレピアチェーレ

 

どちらも甲丸という

丸みのある王道のデザインです。

 

”永く身に着けるからこそ、着け心地も大切にしたい”

 

何度もつけ比べをし、

お二人それぞれが一番しっくりくる

形になりましたね。

 

 

 

指輪は身に着けるうちに小傷が重なり合い、

お二人が過ごした年月とともに

よりお二人らしい、風合いに変わっていきます。

 

「その変化も楽しみたいね。」

 

その想いから、

表面は二人揃ってつるんとした鏡面に。

 

永くともにする結婚指輪ならではの

楽しみも増えましたね。

 

 

女性はダイヤモンド

7粒から5粒にアレンジをし、よりシンプルに。

 

二回のお打ち合わせを経て、

ダイヤのサイズや位置にもこだわった分、

より愛着の湧く指輪に仕上がりましたね。

 

三人でこうじゃない、

ああじゃないと、

悩んだ時間がとても懐かしく感じます。

 

 

今ごろ無事ご入籍され、

薬指に指輪が輝いている頃でしょうか。

 

改めて、ご結婚おめでとうございます。

 

これから月日を経るごとに

少しずつ指輪の風合いも

変わってくることと思います。

 

その風合いもお二人の歩んできた時間として

大事に思っていただけると嬉しいです。

 

 

つくり手 舩津

 

 

 

 

 

 

 

Fukuoka Atelier

この投稿をシェアする

お二人で歩んでいく時間を刻むシンプルな結婚指輪