2017.04.14 Yokohama

永遠の愛を表す月桂樹の葉が、流れるように彫り込まれたマリッジリング


たくさんのサンプルリングを前に、次々と楽しそうに女性の指にリングを着けていく男性の姿。


ご自分のことは二の次で、とにかく女性に似合うことが大前提!


ご自身のこだわりも強く、デザインに込められた意味合いやリング名の由来・モチーフが象徴するイメージが、お二人に合うものであることを大切する、ロマンティックな方です。


一方の女性は、落ち着いた雰囲気。指が美しく、どんなリングも似合ってしまいます。


年齢を重ねても愛着が感じられて、人から見ても結婚指輪として奇抜ではないものが希望。これからずっと身に着ける指輪として、どのデザインを選ぼうか悩ましいですね。


リング選びは慎重に、焦らずに決めていきました。


2度目にアトリエへいらしたときに、デザインは初めからお気に入りだったErba《エルバ》に決定。他のアイディアも盛り込みつつ、お二人のリングがかたちになりました。


女性のリングは、ぐるりと1周施された月桂樹の葉の彫り込みが持つ、特有の輝きが美しいデザイン。


男性のリングは、流線に沿って月桂樹の葉を斜めに彫り込むことで、シャープな印象にアレンジしました。


内側には、外したリングを重ねたときだけ浮かび上がる、お二人だけの暗号を忍ばせて。



文字の細部にまでこだわり、デザインされたイニシャルです。


“じっくり考え、納得のいくリングが作りたい” という気持ちが溢れる、素敵なお二人でした。



お二人の情熱が彫り込まれたリングとともに、これからもお二人仲よく、お幸せに。




つくり手  中山 聖玲菜




Male:マリッジリング / K18WG(ホワイトゴールド)
Female:マリッジリング / K18YG(イエローゴールド)


Order made《オーダーメイド》


結婚指輪 Erba《エルバ》

この投稿をシェアする

永遠の愛を表す月桂樹の葉が、流れるように彫り込まれたマリッジリング