2017.04.01 横浜元町

やわらかな多面体と、シンプルな甲丸をひとつのリングにお仕立てした結婚指輪



コレクションのLa Coppia《ラコッピア》からインスピレーションを受けて、結婚指輪をお仕立てしました。


女性はふたつの地金を使って、コンビのリングにしたいというご希望。男性はシンプルで着けやすいもの、そしてなるべくお揃いがいいな、とのことでした。


ポコポコとやわらかく優しいかたちの多面は、女性のお気に入り。


ふたつの異なる地金を使っていることを強調するため、細くシンプルな甲丸リングと、多面のリングを重ね合わせるデザインにしました。





多面体の部分の色ははゴールドの艶消し、甲丸リングの部分はプラチナの光沢仕上げで。


ゴールドは、マットな加工だとより肌に馴染む優しい印象。“意外と派手ではないんだね” と、男性も気に入ってくれましたね。





華やかさをプラスするため、女性のリングにはダイヤモンドをお留めしました。


シンプルなプラチナのリングと、エッジがやわらかく優しい雰囲気の面が個性的なゴールドのリング。


そんなまったく異なるふたつのリングがひとつに合わさり、新しいデザインが生まれました。


幅や仕上げのバランスを考えて、お二人と丁寧にデザインを考える時間は大切なプロセス。


それぞれは違った雰囲気のリングでも、お互いの良さを引き立てあう、そんなバランスのとれた素敵なリングになったと思います。


《ラコッピア》は夫婦という意味を持つリング。支えあい協力し合う、夫婦という長い道を歩むおふたりにぴったりの、誓いの証にふさわしい結婚指輪となりましたね。



おふたりの幸せが、永遠のものでありますように。



つくり手 多田 真梨子



Male:マリッジリング/Pt900・K18(プラチナ・ゴールド)
Female:マリッジリング/Pt900・K18(プラチナ・ゴールド),ダイヤモンド


結婚指輪 La Coppia《ラコッピア》

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

やわらかな多面体と、シンプルな甲丸をひとつのリングにお仕立てした結婚指輪