2017.03.18 横浜元町

槌目の反射の輝き・彫り模様の輝きが映える、デザイン違いのホワイトゴールドの結婚指輪

好みのまったく違うおふたりは、


“結婚指輪って、ふつうはお揃いですよね?”


と、心配されていましたが、

“気にしなくても大丈夫、お二人がよければ違うデザインでも大丈夫です”と話すと

それぞれの好みの雰囲気をまっすぐに伝えてきてくださいました。







レディースリングはお持ちのエンゲージリングと合わるために、

カーブをつけたいとのご希望がありました。


メンズリングは直感で気に入って下さった槌目のリングに。

リングの幅はたっぷりと、存在感のある3.5mm幅にお仕立て。

ひとつひとつ丁寧に打たれた槌目模様が、男性の優しい雰囲気にもぴったりです。







レディースリングには、カーブに合わせ、有機的な形を生かした植物の彫り模様を施しました。

ぐるりと一周、月桂樹の飾り彫りです。






優しいカーブに月桂樹の模様を組み合わせたデザインは、

形とモチーフの両方の良さを引き立てています。

“エンゲージリングとの重ね着けを早くしたい”と、わくわくされていたのが印象に残っています。




結婚指輪は長く身に着けるもの。

好きなもの、好きなデザインをそれぞれ身に着けることも、

信頼と理解があってこそできることなのかな、とおふたりを通して感じることができました。




槌目で生まれるランダムな光沢面、彫り模様で現れる繊細な光沢の線。

それぞれ違う輝きでも、手仕事のぬくもりと

植物のあたたかさが感じられる、素敵な輝きが生まれました。









おふたりらしい輝きの、世界にひとつの結婚指輪が完成しましたね。






つくり手 多田  真梨子





Male:マリッジリング/K18WG

Female: マリッジリング/K18WG




結婚指輪 Tsuchime  haru《槌目春》

結婚指輪 Erba《エルバ》

この投稿をシェアする

槌目の反射の輝き・彫り模様の輝きが映える、デザイン違いのホワイトゴールドの結婚指輪