2019.08.05 横浜元町

それぞれが好きなかたちを選んでも生まれる”お揃い”の結婚指輪

「ゼロからのフルオーダーメイドだとよくわからないけど、

既製品だと味気なくて...」

 

と不安と期待を胸に

アトリエまでお越しになったお二人。

 

 

 

女性はイタリア語をご存知でしたね。

ithにはイタリア語が由来のリングが多くあり
ご試着するリングのひとつひとつの名前や由来に
耳を傾けてくださいました。

 

 

男性は普段アクセサリーを全くしないからと

シンプルなものをご希望され
その中でも気に入ってくださったのは

Legato《レガート》でした。

 

 

なめらかなフォルムが印象的なリングです。

 

幅に強弱をつけながら

U字にたわむ優しいかたちは、
立体造形としても完成度が高く、

着け心地にこだわったリング。
光沢感のある鏡面仕上げは

経年変化も楽しめる質感です。

 

 

インディアンジュエリーがお好きだという女性。

「リーフ柄のリングが気になっているんです」

 

と最初に教えてくださいました。

 

そんな女性が選んだのはErba《エルバ》。

 

月桂樹の葉と実が彫られている

繊細な職人技が光るリングです。

 

 

男性とのお揃い感も考えて

色々なリングとも迷いましたが、
アトリエにいらっしゃる前から心奪われていた《エルバ》に決まりましたね。

 

さらにこのリングにカーブのアレンジを。
S字のカーブは「指が綺麗に見える!」と
嬉しそうに眺めていらっしゃったことを思い出します。

 

 

ご納品の際「やっぱり全然お揃いじゃないね!」

と笑ってらっしゃいました。

 

デザインも表面の質感も異なる2本のリングですが、
優しいカーブや同じお色味が

並べるととっても仲良さそうに私には見えました。

 

入籍までリングは飾っておきます。

と教えてくださったお二人。

 

リングのある生活が

お二人にとってより良い日々となりますように。

 



つくり手 斉藤



Male:結婚指輪《レガート》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《エルバ》/Pt900(プラチナ)

この投稿をシェアする

それぞれが好きなかたちを選んでも生まれる”お揃い”の結婚指輪