2018.11.28 横浜元町

内石と地金のお色が調和する、お色違いでお仕立てした羽根模様の結婚指輪

Instagramを見てithにお越しくださったおふたり。

 

 

まず初めにお写真で気になったデザインをご覧いただきましたが、イメージとは少し異なったご様子。

リングは写真と実物では異なった印象を受けることが多々あります。

 

他の様々なデザインもご試着いただきました。

 

 

 

 

お2人が選ばれたのはPiuma《ピウマ》。

V字に薄く線を彫り込んでいくことで、独特の光沢感が生まれるリングです。

 

 

女性はカーブフォルムのリングが気になっていらっしゃいましたが、男性はストレートのリングがいいな、と仰っていました。

 

お揃いの形にされたいとのご希望を優先され、おふたりともストレート形状でリングをお仕立てすることにしました。

 

 

 

 

また、星の飾り彫り留めでお留めする宝石は、カラーストーンもご検討されていました。

地金のお色味との相性が合うかどうか、沢山悩まれましたね。

 

 

女性はリングのお色味も悩まれていたのですが、イエローゴールドよりもピンクゴールドのベースなら

「ルビーの赤い色味が合うかも?」

とのお話もあり、地金はピンクゴールドに。

 

男性の意見を伺うと、

「カラーストーンは内側がいいな。」

との一言で、表は無色透明でどんな色にも合うダイヤモンドに。

 

表に留めようか迷われたカラーストーンは、内側に忍ばせました。

 

 

 

 

ルビーは男性の誕生石、ペリドットは女性の誕生石で、お互いの宝石を交換しあう形となりました。

 

男性のリングはイエローゴールドのベースに黄緑色のペリドットで、お色味の似た組み合わせとなりましたね。

 

お互いの誕生石がお互いのリングの内側に、お守りのように輝いています。

 

 

地金はそれぞれ違うお色で、同じ《ピウマ》のデザインにまとまりましたね。

 

 

 

 

羽根は幸せを呼び込んでくれる幸運のモチーフ。

 

リングがお二人のもとに、沢山の幸せを運んでくれますように…。

 



つくり手 伊藤理佐



 

Male:結婚指輪《ピウマ》/K18YG(イエローゴールド)

Female:結婚指輪《ピウマ》/K18PG(ピンクゴールド)

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

内石と地金のお色が調和する、お色違いでお仕立てした羽根模様の結婚指輪