2018.11.12 横浜元町

お互いのお好みを尊重した、プラチナ色が凛と結婚指輪らしいリング

リングは一部でも似ていればいいな、とご希望をお持ちのお2人。

 

お二人は揃って、丸くやわらかなベース形状がお好みでした。

 

 

 

 

女性はダイヤを数ピース留めたいご希望があり、中でもSolenne《ソレンネ》の側面にかけて縦に3ピースダイヤをお留めしたデザインを気に入ってくださいましたね。

 

また、細やかな粒がキラキラと光る、“ミルグレイン加工”も気になっていらっしゃいました。

 

《ソレンネ》のダイヤの留め方に合うよう、今回はリングの中心部分に1周ミルグレンを施しました。

 

 

細やかな装飾とダイヤが組み合わさって、クラシカルな雰囲気に。

 

 

 

 

男性はシンプルなデザインがお好みで、Croce《クローチェ》の形状を気に入ってくださいました。

 

クローチェは2本の甲丸リングを重ね付けたような、さりげなく動きのあるデザインです。

 

 

 

 

お色味はお二人ともプラチナを選ばれ、凛とした佇まいに。

 

最初、女性はピンクゴールドも考えていましたが、男性のデザインと少し雰囲気を合わせるためプラチナにされました。

無彩色のプラチナがベースになることで、ダイヤの輝きを一層際立たせてくれますね。

 

 

 

 

お渡しの時はまだまだ先でしたが、あっという間にお二人のお式のお日にちも近づいてきましたね。

 

お二人にとって素敵な1日になりますよう、お祈りしています…☆

 

 

 

つくり手 伊藤理佐

 

 

Male:結婚指輪《クローチェ》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《ソレンネ》/Pt900(プラチナ)

この投稿をシェアする

お互いのお好みを尊重した、プラチナ色が凛と結婚指輪らしいリング