2017.11.20 横浜元町

お互いのお好みを尊重しペア感を出したマリッジリング

はじめはお揃いのデザインがご希望だったお二人。

最初にお話をお伺いすると男性は羽の彫り模様が入ったPiuma《ピウマ》がお好みでしたが、
女性のお好みは正面がシェイプされた形状とミルグレインが特徴のRibbon《リボン》。

最初はお好みが合わずなかなかデザインが決まらなかったお二人でしたが、やはりお揃いのデザインというのは1番のこだわりだったので、形状はそれぞれのお気に入りのデザインにし、表面の加工をお互いの好みの間を取った格子状に線を刻んだメーゼというテクスチャに。

お互いがお相手のお好みに歩み寄ることでそれぞれのお好みもペア感もあるリングになりましたね。

これから続くお二人の未来もお互いに手を取り合い、いつまでも仲のいいお二人でいてください!
末永くお幸せに!

つくり手 牧瀬 あかり


Male:マリッジリング / Pt900 (プラチナ)
Female:マリッジリング / Pt900 (プラチナ)
Andante《アンダンテ》
Ribbon uno《リボンウーノ》

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

お互いのお好みを尊重しペア感を出したマリッジリング